梅毒は性行為に比べ、キスやコップなどの回し飲みなどでの感染率は低いようです。

性感染症ってこわいですよね。梅毒という性感染症があります。しかし日本ではあまり耳にする病気ではなくなっていきました。
そんな梅毒が今、グローバル化とともに男女関係の中でどんどん広がりを見せているってご存知でしたでしょうか?
現在まで梅毒の感染者が少なかったことや、男性同性愛者間での感染が多かったこと、治療法があることなどによって、正直言いまして、あまり重視されていなかったという事情があります。
たとえば、エイズはやはりまだ治療法もないことから、恐ろしい病気というイメージを持っている人も多かったですよね。しかしエイズであってもキスぐらいではうつりません。
厄介なことが梅毒の菌はキスでうつってしまうほど強い感染力を持っています。
5年間に患者数は5倍に急増しています。それらの感染経路が性行為だけでなく、キスからという場合とのこと。
性行為に比べ、キスやコップなどの回し飲みなどでの感染率は低くくなりますが、可能性がないとは言い切れません。性行為が上達する方法⇒北条麻妃が教える膣開発法

例えば1回の性行為で梅毒がうつる可能性は約15%~30%なのです。

男性も女性も浮気をすることがそれほど珍しくない時代

男の浮気は本人がどんなにうまく隠したつもりでいても、すぐにバレてしまうことがほとんどですが。反対に、女性の浮気のほとんどはバレずにうまく隠し通せていることが多いように思います。

女性の浮気がバレない理由を考えてみると、まず女性はウソをつくのがとても上手であるということがあります。
女性は男よりもより辻褄の合ったウソをつくのがとても上手な上に、振る舞いも普段と変わらず自然なため、浮気をしていても彼氏に気づかれることはまずありません。
一方男はというと、ウソをつく時に彼女の眼を見て話せなかったり、挙動不審になってしまってウソをついている事がバレちゃうわけです。。愛人と試してみたいセックスのピストンテクニックが学べる教材⇒絶頂ピストンメソッド

男性は浮気を誤魔化すときにその場しのぎ嘘をつきやすく、結局、つきつめると話の辻褄が合わなくてバレてしまいやすいのですが、女性はウソをつく時は綿密に計画を練り、自分でもウソを本当だと思いこむほどの演技力でウソをつきます。そのため、ちょっとやそっとのことではバレません。

さらに、一般的に女性は浮気をしないだろうと思い込んでしまっている男性が多いことも、騙されてしまう理由に拍車をかけています。
女性でも浮気願望を持つ人は意外と多く、そして実際に行動に移してしまう人も昔に比べると格段に増加しています。

こういったことを念頭においた上で、今後は女性と付き合っていったほうがいいのかもしれません。