梅毒は性行為に比べ、キスやコップなどの回し飲みなどでの感染率は低いようです。

性感染症ってこわいですよね。梅毒という性感染症があります。しかし日本ではあまり耳にする病気ではなくなっていきました。
そんな梅毒が今、グローバル化とともに男女関係の中でどんどん広がりを見せているってご存知でしたでしょうか?
現在まで梅毒の感染者が少なかったことや、男性同性愛者間での感染が多かったこと、治療法があることなどによって、正直言いまして、あまり重視されていなかったという事情があります。
たとえば、エイズはやはりまだ治療法もないことから、恐ろしい病気というイメージを持っている人も多かったですよね。しかしエイズであってもキスぐらいではうつりません。
厄介なことが梅毒の菌はキスでうつってしまうほど強い感染力を持っています。
5年間に患者数は5倍に急増しています。それらの感染経路が性行為だけでなく、キスからという場合とのこと。
性行為に比べ、キスやコップなどの回し飲みなどでの感染率は低くくなりますが、可能性がないとは言い切れません。性行為が上達する方法⇒北条麻妃が教える膣開発法

例えば1回の性行為で梅毒がうつる可能性は約15%~30%なのです。