LINEの返事のスピードが3時間の女性

近頃はiPhoneなどを使用して手間なくに自らの要望に合うお相手を探す事ができます。

スマートフォンのツールでもマッチング系のツールがふんだんにあり、多くの人が活用しています。

大抵恋活に使われていますが、中には婚活に活用している人もいるでしょう。

ただし早く結婚やりたい人、実際に結婚やりたい人は、結婚折衝所を活用する人が多々あるです。

結婚折衝所を活用した方が、お相手の身元が充分にと見定めできている人とだけ出会いがあるため心配無用だからです。

それでは結婚話し合い所で出会った人と受け応えがLINEなどで始まったとして、その女子の返事が遅い時には如何にしたらいいのでしょうか。

このケースは、お相手も結婚折衝所に登録されているわけですから、俗に出会う事例とはちょっと差異ます。

お相手の方も同じく婚活中なわけですから、結婚に反対に前向きなステータスです。

ですから何か事情がなければ普通には女の返事が遅いという事はないと考えます。

けれどもこのLINEの遅い、早いというのは人によってその遅いと感じる時、日数は違ってきます。

半日連絡がないと遅いと思う人、1日で思う人、数時で思う人、諸々います。

テキストを思いめぐらす 事が弱点で返信中身をじっくり腹積もりているのかもしれません。

嫌われたくないと命懸けになって返事を腹積もりてくれているのかもしれません。

この事例も決して、催促メールをしてはいけません。

初めに、相手の出方を見ましょう。

LINEの返事のスピードが3時の女子には3時で、半日の女子には半日で、1日のケース1日でというように同じペースで返すようにしてみましょう。

あと、LINEの受け応えが女子側で終わってしまったケース、男性はまだ続けるつもりだったのに、女子が最後既読になって終わってしまって、「あれ?」を思ってしまった時。

それはよくメッセージの受け応えを再考てみてください。

男性はまだ話の途中だと思っていても、女はそこで受け応えが終わったと思って、連絡がこないのかもしれません。

長期に渡ってテキストを続けるタイプなのか、あっさりと短文で要件を伝えて終わるタイプなのか考慮してみましょう。

意外にLINEではなく電話がいいという女子もいます。

参考サイト:北条麻妃 「絶頂ピストンメソッド」公式動画 内容ネタバレ評価

そのような女性のケースにおいては電話をして直接話してみると、風情で心境がわかりやすいと考えます。

その一方で返事が相当来なくて相手の心境が気に掛かるという人は、仲人さんにお願いするといいと考えます。

結婚話し合い所の良いところは、仲人さんがお世話してくれる事です。

仲人さんを介して相手の心情を見定めしてもらうと、理解できるのではないでしょうか。