ブランドせどりやブックオフせどりが流行っています。

ブランドせどりか下記の教材で完璧な稼ぎ方が公開されているので、そちらを見ていただくとして今回は、ブックオフせどりについて解説します。

ブランドせどりについてはこちら⇒ブランニューせどりは稼げない?実践レビューと評価

実際にせどりを始めようとして、オークションサイトやAmazonに登録し、ブックオフに足を運んでみたものの、なにを購入すればよいのか迷ってしまいますね。
Amazonで1円などで売っている商品は除外しましょう。
実際に1円で売っている業者さんはたくさんありますが、業者さんは売る数が多いため、1円で販売してもAmazonから貰える手数料などにより、少ないですが利益が出るようになっています。
個人でブックオフせどりで副収入を望んでいるかたは、そこは狙わないほうが良いでしょう。
最近のブックオフは、本やCD以外にもさまざまなものを販売していますが、とりあえずは、もともとブックオフのメインであった「本」を例にして説明いたしましょう。
同じ中古品であれば、他のものにも応用が可能な部分もありますので参考にしてください。
まず、どのような商品をブックオフで仕入れたら良いのか、それがわかれば嬉しいですよね。
実は、売れる商品のリストというものが存在します。
インターネットで検索してみますと出てきますので、最初はそれを参考にして仕入れをするという方法があります。
ただし、当然ながらそのリストは、ブックオフせどりを行っているかたの多くがチェックしているものでもありますから、実際にブックオフへ買いにいってもいつも売り切れになっているということが考えられます。
ですが、ブックオフは日々、店舗で中古本の買い取りをしているため、またすぐに希望の本が店頭に並ぶ可能性も高いです。
お店に、何度も通っているうちに、どのあたりにお目当ての本が置いてあるのかもわかるようになっていきます。

徐々に探す時間が短縮され、効率も良くなりますが、最初はなにをするにも慣れないので、そう思って焦らずに行いましょう。
それとこれは結構大切なのですが、売るために購入する商品は、出来る限りきれいなほうが良いのは当然ですよね。
使用感がひどくてボロボロのものは、よほどプレミアが付いていない限り、売れることはありませんし、もしも、売れたとしても悪い評価がついてがっかるしてしまうことが多いです。
たまに、本に重要部分としてラインを引くかたや、なにかしら書き込みをするかたがいらっしゃいますので、そういうものがないかどうかも、仕入れるときにきちんとチェックしておきましょう。
そして、ブックオフせどりにどんどん慣れてきますと、仕入れる商品を選ぶ方法がさらに追加されます。